【バスケットボール用語解説】デッド/dead

こんにちは!JIROです。

今回は「デッド/dead」について解説します。

デッド/deadとは

バスケットボールにおいて「デッド/dead」とは、

「ボールがバスケットに入っても得点が認められない状態」を指します。

具体的には、

  • アウトオブバウンズでボールがコートに出た状況
  • ファールやその他ヴァイオレーションでプレーが中断している状況
  • スローインの際に、スローインしたボールがそのままバスケットに入った場合

などが該当します。

尚、デッド/deadの対義語は、「ライブ/live」です。

ライブについては以下の記事『【バスケットボール用語解説】ライブ/live』で解説しています。

デッドおよびライブの意味はバスケにおいて基礎知識なのでしっかり覚えておきたいところです。

バスケットのルールを学べるオススメの書籍

この「デッド/dead」などの用語をはじめ、バスケットボールをプレイする/観戦する上で、ルールや戦術を知っておくことが大切です。

最初は中々取っ付きにくいかもしれませんが、徐々に分かってくるとどんどんバスケが楽しくなりますよ!プレイヤーなら試合で活躍できますし、観戦していても試合で次々に起こるプレーがどうすごいのかが理解できます。

そこでオススメなのが、以下の書籍です。初心者から「もう一度ちゃんとバスケを学びたい!」と言う方まで満足できる内容になっています。

以上、デッド/deadの解説でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です