【バスケットボール用語解説】アーリーオフェンス/early offense

こんにちは!JIROです。

今回は「アーリーオフェンス/early offense」について解説します。

アーリーオフェンス/early offenseとは

バスケットボールにおいて「アーリーオフェンス/early offense」とは、

「速攻(ファストブレイク)で攻めきれなくても、相手のディフェンスが態勢を整え終わる前に隙をついて早めに攻めるオフェンス」を指します。

同じ意味の言葉には、「セカンダリーブレイク/secondly break」「2次速攻」「ラン&ガン」があります。

なお、対義語は「ディレイドオフェンス/delayed offense」です。

アーリーオフェンスのキーポイント

アーリーオフェンスを行う際に重要になるのは、「とにかくアウトナンバー(数的優位)を作ること」です。

そしてその方法は、

  • ディフェンスからオフェンスへ素早く切り替えてリングにアタックする
  • 素早いパスワークでボールを繋いでシュートに持っていく

ことです。

こうすることにより、相手5人が自陣に戻りディフェンスの態勢を整える前に攻めきることができます。

とにかく、相手にシュートを決められたり、相手からボールを奪取したら全員で走ってリングに向かうことが大切です。

アーリーオフェンスの利点/メリット

アーリーオフェンスの利点としては、何と言っても、

「長身選手がいないチームが長身選手がいるチームに勝てる」

と言うところです。

背が小さい選手に比べて、長身選手は走るのが遅い/苦手な傾向にあります。なので、背が小さい選手はとにかく「走る」ことにより長身選手を置き去りにし、ディフェンスする機会を与えなければ、勝てる可能性が上がると言うことになります。よって、アーリーオフェンスは小さいチームにオススメの戦術になります。

また、アーリーオフェンスでは、早く攻めて早くシュートを打つ分、オフェンスの機会が増えるので、「シュートがたくさん打てて楽しい!」と感じることができ、バスケが楽しくなります!

特にバスケ初心者はディフェンスばっかりやってても面白くなくて興味が失せてしまうかもしれません。なので、初心者やミニバスなどではアーリーオフェンスを主体に戦略を練るのもいいかもしれません。

アーリーオフェンスを学べるオススメのDVD

「アーリーオフェンスをもっと知りたい!」と言う方にオススメなのが、以下の『アーリーオフェンスマニュアル/倉田伸司』です。

プレイヤーはもちろん指導者用の内容にもなっているので万人にオススメの代物です。

少々値は張りますが、このDVDで学んだ知識は「即」プレーに生かすことが出来るので、非常にオススメです。ミニバスや中高の部活環境はただでさえ時間がないものですが、このDVDを買うことで時間が買えると思えば、安いものだと思います。

ぜひプロの指導者の指導方法を学んでチーム力強化につなげましょう!

以上、アーリーオフェンス/early offenseの解説でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です