【バスケットボール用語解説】ライブ/live

こんにちは!JIROです。

今回は「ライブ/live」について解説します。

ライブ/liveとは

バスケットボールにおいて「ライブ/live」とは、

「ボールがバスケットに入った場合、得点が認められる状態」を指します。

このライブの状態は、

  • フリースローも含まれる
  • スローインの際に審判からボールを渡された瞬間にスタートする。しかし、そのままスローインしたボールがバスケットに入っても得点にはならない

ことに注意が必要です。

尚、この「ライブ/live」の対義語は、「デッド/dead」です。

日本でバスケの試合をしていて(観ていて)、ボールがコートの外に出そうになった時などに、選手が「生きてる!!まだボール生きてるよ!!」とか言うのを聞いたことがないでしょうか?あれは正にこの「ライブ/live」=生きていると言う意味です。初心者だと「生きてるってどう言う意味??」となってしまうと思いますが、これは「ボールがコートの外に出ておらず、そのままプレーを続けられる=ボールがバスケットに入った場合得点が認められる状態である」と言うことを指しているんです。

バスケットの戦術を学べるオススメの書籍

この「ライブ/live」などの用語をはじめ、バスケットボールをプレイする/観戦する上で、ルールや戦術を正しく知っておくことが大切です。

ルールや選手がどう動くのか、どうゲームを進めるのかがしっかり理解できていないと、観ていても楽しくないし、プレイしていても中々活躍することができません。(それどころか試合に出してもらえないでしょう!)

そこでオススメなのが以下の書籍です。バスケを始めたばかりの人から、すでにバスケをやっているけど戦術をおさらいしたいな、と言う人まで有用な内容になっています。

プロの指導者が書いたテキストを読んでバスケの理解を深めましょう!

以上、「ライブ/live」の解説でした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です