【バスケットボール用語解説】オフ・(ザ)・ボール/off (the) ball

こんにちは!JIROです。

今回はオフ・(ザ)・ボール/off (the)ballについて解説します。

オフ・(ザ)・ボール/off (the)ballとは

「オフ・ボール(off ball)」または「オフ・ザ・ボール(off the ball)」とはオフェンスのプレイヤーがボールを保持していない状態を指します。

コートにいる5人のオフェンスプレイヤーの中で、ボールを保持している1人を除いた4人がこのオフ・ボール(off ball)/オフ・ザ・ボール(off the ball)に該当します。

逆に、ボールを保持している状態のことを、「オン・ボール(on ball)」または「オン・ザ・ボール(on the ball)」と言います。

オフ・(ザ)・ボール/off (the)ballに関連する用語

このオフボールに派生して以下の用語もよく使われます。

①オフボールサイド(off-ball side)

「コートを縦半分に割った際に、ボールがない方のサイド」を指します。同義語はウィークサイド(weak side)やヘルプサイド(help side)です。対義語はストロングサイド(strong side)やボールサイド(ball side)があります。

②オフボールスクリーン(off-ball screen)

「ボールを保持していないオフェンスプレイヤー同士で掛け合うスクリーン」を指します。対義語はオンボールスクリーン(on-ball screen)です。

③オフボールディフェンス(off-ball defense)

「ボールを保持していないオフェンスプレイヤーに対するディフェンス」を指します。対義語はオンボールディフェンス(on-ball defense)です。

④オフボールマン(off-ball man)

「ボールを保持していないオフェンスプレイヤー」を指します。対義語はボールマン(ball man)です。

オフ・(ザ)・ボール/off (the)ballの動きを学べるオススメの書籍

オフボール時にいかに動くかはチームスポーツであるバスケでは非常に重要です。

  • とにかくボールに触りたくてボールマンに近寄ってしまい、結局邪魔をしてしまう
  • どう動いたらいいのかわからずあたふたしてしまう or 突っ立ってしまう

ということではチームにとってマイナスですし、自分もプレーしてて楽しくないですよね。

ではどうしたらオフボールの動きを学べるのか?

個人的な肌感覚では、オフボールの動きをちゃんと指導しているチーム・学校は少ないと思います。どうしても足腰を鍛える目的の走る系のメニューや、シュート練、パス練が優先され、オフボールの動きはおざなりになってしまいがち。

そこでオススメなのが以下の書籍です。先生や友達に聞くより、プロの指導者が書いた本を読むのが一番質も良く効率がいいです。

ぜひこの本で学んで他と差をつけましょう!

以上、オフ・(ザ)・ボール/off (the)ballの解説でした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です