【バスケットボール用語解説】オン・(ザ)・ボール/on(the)ball

こんにちは!JIROです。

今回はオン・(ザ)・ボール/on(the)ballについて解説します。

オン・(ザ)・ボール/on(the)ballとは

「オン・ボール(on ball)」または「オン・ザ・ボール(on the ball)」とは、「オフェンスのプレイヤーがボールを保持している状態」を指します。

コートの中の5人のオフェンスプレイヤーの中で、ボールを保持している1人がこのオン・ボール(on ball)/オン・ザ・ボール(on the ball)に該当します。

逆に、ボールを保持していない4人の状態のことを、「オフ・ボール(off ball)」または「オフ・ザ・ボール(off the ball)」と言います。

オン・(ザ)・ボール/on(the)ballに関連する用語

このオン・(ザ)・ボールに派生して以下の用語もよく使われます。

オンボールスクリーン(on-ball screen)

「ボールマンとオフボールマンとで掛け合うスクリーン」を指します。対義語はオフボールスクリーン(off-ball screen)です。

オンボールディフェンス(on-ball defense)

「ボールを保持しているオフェンスプレイヤーに対するディフェンス」を指します。対義語はオフボールディフェンス(off-ball defense)です。

オンボールマン(on-ball man)

「ボールを保持しているオフェンスプレイヤー」を指します。同義語はボールマン(ball man)、対義語はオフボールマン(off-ball man)です。

ボールサイド(ball side)

「コートを縦半分に割った際に、ボールがある方のサイド」を指します。同義語はストロングサイド(strong side)です。対義語はウィークサイド(weak side)やオフボールサイド(off-ball side)、ヘルプサイド(help side)があります。

オン・(ザ)・ボール/on (the)ballの動きを学べるオススメの書籍

オンボール時の動き方は、バスケの中でも基本中の基本になります。

ボールを持っている状況からシュート・パス・ドリブルの何を選択するのか、そしてその選択はどういった戦略/戦術に基づいて行うのか。ボールマンの行動はオフェンスの成果に直結します

  • ゴール下で仲間が完全にフリーの状態なのに、自分でスリーポイントを打ってしまい外してしまった
  • 不用意にボールを身体の前で保持していたら、マークマンにスティールされてしまった
  • パスをもらったものの、何をすればいいのか分からずあたふたしてしまう

なんていう残念なことがないように、オンボール時の技術・戦術を学ぶことが大切です。

ではどう学べばいいのか、ですが、オススメなのは以下の書籍です。判断力や理解力を鍛えることが出来ます。プロの指導者が書いた本を読み、「バスケを考える力」を養いましょう!

プレイヤーならこの本で学んで周りの選手と差をつけられますし、「私は観るだけ」という方もよりバスケがわかるようになり、試合観戦がさらに楽しくなるはずです!

以上、オン・(ザ)・ボール/on(the)ballの解説でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です