ドイツで一番美味しいケバブはMustafa’s Gemüse Kebapで決まり【ミュンヘン・ベルリン】

こんにちは、JIROです。

今回の記事では、ドイツのベルリンおよびミュンヘンで毎日の様に長蛇の列を作っている大人気ケバブ店、

Mustafa’s Gemüse Kebap(ムスタファズ・ゲミューゼ・ケバブ)

を紹介します!

ドイツのファストフード事情

まず、「ドイツのファストフード」と聞くと、カリーブルスト等に代表される、各種「ソーセージ」を想像する方が多いと思います。

日本でも太めのソーセージのことをフランクフルトと言うくらい馴染みのあるものですもんね。

(因みに、フランクフルトの定義は「太さ20mm以上、36mm未満で豚腸を使用したもの」とJASが定めているようです。今調べて初めて知りましたが。)

そのイメージの通り、ソーセージももちろん人気なんですが、

実は、若者の一番人気の食べ物に選ばれるなど、

ケバブが絶大な人気を誇っているんです!

注:一言にケバブと言っても色んなスタイルがあるんですが、この記事で言うところのケバブは、最近は日本でも増えてきているドネルケバブを指します。肉と野菜をピタパンで挟んであるアレです。下の写真のような感じです。

ドイツでケバブが人気な理由

歴史的背景

「ケバブがドイツで人気って言うけど、アレって中東とかの料理じゃないの?ドイツのイメージとかけ離れてるんだけど。」

と疑問に思われると思います。ホントその通りですよね。

私も初めてドイツに来た時は、(特に大都市は)そこら中にケバブ屋があってビックリしました。ソーセージとか売ってる店より断然ケバブ屋の方が多いんです。

では何故ドイツでケバブが人気かつそんなに広まっているのか、について歴史的な背景から説明すると、

ドイツには300万人程のトルコ系移民がいるからなんです。

ドイツが労働者不足を理由に1960年代からトルコを中心に移民を募ったのが始まりで、現在では上記の通り大勢のトルコ系移民がドイツで暮らしているんです。

それで、このトルコ人達がケバブをドイツで広めていって今に至る、と言う流れになります。

食べ物として優れている

「ちょっと待て、歴史的背景はわかったけど、トルコ人が広めたって言ったって、ケバブがその他の食べ物より優れてなければドイツで人気にならないよね?そこはどう説明すんの?」

と新たな疑問が出てきますよね。その通りです。

ソーセージはもちろんあるし、マックだってケンタだってピザだってあるのに、それでもケバブが人気なのは何故か。

その理由は、ケバブは

  • ピタパン(炭水化物)・肉(タンパク質と脂肪)・野菜(その他栄養)の3拍子全てが含まれている!
  • しかもボリューム満点(基本的に多すぎるケースのが多い)
  • 調理が簡単なので、不味くなることが稀
  • そして安い!!(3−6ユーロで買えてお腹いっぱい)
  • そして早い!!(注文してから1〜2分で出てくる

良いことづくしだからなのです!

「ソーセージは肉だけだし、マックのバーガーはサイズちっちゃいし野菜はピクルスくらいしか入ってない、ピザも似たようなもんだしな〜。やっぱケバブか!安いしボリュームあるし野菜も豊富だし言うことないな〜♪」

となるわけです!

また、ベジタリアンであれば肉抜きにすればOKですし、嫌いな野菜がある人はそれを抜いてもらえばOKです。

パンが心底嫌いとか、食べ過ぎて飽きがこない限り、ケバブを選ばない手はないわけなんです。

以上がケバブが人気な理由になります。

最強のケバブ屋、「Mustafa’s Gemüse Kebap」

前置きが長くなりましたが、ではそんなケバブ大国のドイツにおいて、最強のケバブ屋はどこなのか!?

約10年に渡ってドイツ中のケバブを食いまくってきた僕が、恐らく200店は行った僕が、自信を持ってオススメするのは、

Mustafa’s Gemüse Kebap(ムスタファズ・ゲミューゼ・ケバブ)

です!!

こちらはミュンヘンの支店。毎日行列ができています。

このMustafa’s Gemüse Kebapは、ベルリンとミュンヘンにそれぞれ1店舗ずつ店を構える、ドイツでも有名なケバブ屋です。

ベルリン店もミュンヘン店もいつも行列ができています。真冬でも変わらず人が並んでいて、いつも人気だなと思わされます。

このお店のケバブの特徴は、

  • 数種類のソース・香辛料・ミント・レモンを使用している(一般的にはヨーグルトソースと辛いソースの2種類のみ)
  • 野菜が、生野菜に加えて、素揚げされた野菜・ジャガイモを入れている(普通は生野菜だけ)
  • ピタパンの焼き加減が絶妙

の3点です。

キッチンの様子

まず、数種類のソース・香辛料・ミント・レモンが、肉と野菜の味を引き立てると共に、味に奥行きを加え、かつ爽やかさをプラスしているので、結構なボリュームですがバクバク食べてしまいます。。。

続いて野菜ですが、生野菜のフレッシュさはもちろん、素揚げ野菜とジャガイモがジューシーさと甘さを加えています。

この素揚げ野菜を使用しているケバブ屋は他にほとんど見たことがないです。

また、ピタパンも外はカリッと、中はモチッ!フワッ!っとする絶妙な焼き加減になっており、申し分なしです。

最後にお肉ですが、このお店は鶏肉しかありません。(大抵のお店はラムか鶏肉の2種類を置いてあるのですが。)

しかしこのお肉も下手に油っぽ過ぎず、かつジューシーで、最高です。

品名は、Gemüse Kebap mit Hähnchen(チキン入り野菜ケバブ)

日本はもちろんドイツでも他ではこんな美味しいケバブは食べられないです!

と、なんとなく食レポしてみましたが、

こんなド素人のレポじゃ全然伝わらないと思うので、

ドイツにお越しの際は是非実際に足を運んでみてください!

Mustafa’s Gemüse Kebap 住所

ベルリン:Mehringdamm 32 Berlin Germany

ミュンヘン:Sonnenstrasse Karlsplatz 21-24 Munich Bavaria Germany

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です