範馬勇次郎に学ぶ「食事」との付き合い方【何事もバランス】

こんにちは!JIROです。

毒も喰らう 栄養も喰らう

え、いきなり何、と思われた方、追い追い説明致します。

さて、今回は、「食事」について我らが御大、範馬勇次郎から学ぼう!という記事です。

さすが範馬勇次郎さん、いいこと言ってますよ〜!

では始めます。

(ちなみに、範馬勇次郎を知らない人は、こちらをチェックしてくださいね。)

近年の健康ブーム

近年、健康志向の高まりが顕著に感じられますよね。

普段生活していても、至る所でサプリメントやオーガニック食品等の健康関連食品を見かけます。

テレビを付ければ、

「グルグル・グルグル・グルコサミン♪」

「サプリ8粒(?)でしじみ700個分(?)のパワー!!!!」

「ドキュメンタリーCMかと思いきや青汁の宣伝かよ!」

ってこれでもかってレベルでCM流れてますよね。

もはや国民の過半数がグルコサミンの正体は知らないもののグルコサミンの響きの良さは知っている、というレベルになっているでしょう。

さて、グルコサミンは置いといて、

その他にも、海外文化の流入でベジタリアンになる人も出てきてますし、食文化以外でもフィットネス文化も年々定着してきていて、老若男女問わず習慣的にヨガやジムで鍛える人も増えている印象です。

「健康」を追い求めたがゆえに・・・

もちろん、「健康」自体は素晴らしいものだし、人生を良く生きるには欠かす事のできない価値のあるものです。

でも、なんか最近、

健康志向が行きすぎて、強迫観念みたいになってたりしませんか?

  • 「あ、イケない!これは添加物入ってるからダメね。ウチはオーガニックしか食べないんだから!でも他にないわねー。う〜ん。。。」
  • 「外食は保存料とか添加物とかよくわからないものいっぱい入ってるから全部自炊にしよう!でも毎日は疲れるんだよね。。。」
  • 「筋トレ頑張ってるのに昨日飲み会の後深夜にラーメン食べちゃったよ。。。 あ〜余計な脂肪ついちゃうじゃんも〜!イライラ」

みたいになった経験ありませんか?意識が高い人ならきっとあると思います。

そして、特に日本人は完璧主義な傾向がありますし、

「一度決めたことはやりきらなきゃ!」という

決めたことは何があっても最後までやり抜くことが美徳とされているので、

まじめな人ほどちょっとサボることができずに、自分を追い込んでしまう

ことになるんです。

この追い込みが行き過ぎると、摂食障害や、過度のストレス状態、自分の健康法を家族や友人に強要してしまうことによる人間関係のトラブル、などの問題につながってしまうことも少なくないんです。

でもこれって最悪ですよね!?

健康になりたくて頑張ったのに逆に病気やストレスを抱えるなんて、本末転倒な訳です。

解決策

「じゃあどうすんのよ!」

はい、その答えを私たちは範馬勇次郎先生から学ぶことができます。

以下ご覧ください。

出典:https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/

防腐剤…着色料…保存料…様々な化学物質身体によかろうハズもない。

しかし、だからとて健康にいいものだけを採る。これも健全とは言い難い。

毒も喰らう 栄養も喰らう。

両方を共に美味いと感じ血肉に変える度量こそが食には肝要だ。

https://nocturnetsukubane.blog.fc2.com/blog-entry-1111.html

「毒も喰らう 栄養も喰らう。」

完っ全に名言です。脱帽です。

勇次郎先生の言う通り、偏り過ぎることなく、偶には添加物入ってるものだったり、脂質多いラーメンだったりを食べてもいいんです。(と僕は解釈しております。)

毎日オーガニック食品で自炊するのがつらければ、時には外食したって、冷凍食品使ったっていいんです。最近は質の高い冷凍食品も多いですし!

で、一旦息抜きすればまた頑張る力が湧いてくるじゃないですか!

頑張りすぎて体調崩しより1000倍マシでしょ!

そう、何事もバランスなんです。

みんな、ハッピーに健康に生きるために、健康に気を使いすぎて病まないように、時々はサボろう!!

追い込み過ぎるといいことないし!!

これが言いたいことでした。

では、適度に健康に気をつけつつ、今日からまた楽しく毎日を過ごしましょう〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です