ミュンヘンで一番美味しいラーメン屋は「匠/Takumi」で決まり【結論】

こんにちは!JIROです。

もはや日本を代表する料理の一つとなったラーメン。

世界各国で日本人経営のラーメン屋が続々とオープンしている今日この頃ですが、ここドイツ/ミュンヘンにも美味いラーメン屋があるんです!

今日はそのお店「匠/Takumi」を紹介します!

尚、デュッセルドルフの絶品チャーハンも以下の記事で紹介してます!かなりオススメです。

ミュンヘンのオアシス「匠/Takumi」

ミュンヘンにはこの「匠/Takumi」以外にもいくつかラーメン屋はあるんですが、正直な話「エセ」ラーメンが多く、日本人が「そうそう、これが本当のラーメンよ」となる店はこの「匠/Takumi」しかありません。

しかし、ここしかないとは言っても、ここはかなり美味しいんです!

「ひとつしかないから美味く感じるんでしょ」と疑いたくなるかもしれませんが、そういう訳ではないんです。普通に美味しいんです。ロンドンのようなラーメン屋が普通にあるような近場の大都市から食べに来る人もいるくらいです。

このお店が日本にあったとしたら、(超個人的な体感で)食べログ3.59くらいな感じでしょうか。変に話を盛るのも本意ではないので、これが正直な感想です。でも3.59だったらラーメンとしてはうまい部類に入りますよね!

これは海外生活あるあるですが、その土地の料理ばっかり食べてると、本当に日本のグルメが恋しくなるんですね。自分ではそんな美味いものは作れない僕としては、「じゃあ、外に食いにいくか」となるんですが、海外だと和食って高いんですよね。ヨーロッパで日本人がやっているちゃんとした和食屋に行くと、なんだかんだで30〜40ユーロ(4〜5千円)かかっちゃいます。ミュンヘンのような物価が高いところではなおさらです。

そんな時に、美味いラーメンで僕たちを迎えてくれるのがこの「匠/Takumi」なんです!

まさにゲルマンの大地に静かに佇むジャパニーズ・オアシス!

「匠/Takumi」のラーメン

それでは「匠/Takumi」を紹介していきます!

まずお店の外観はこんな感じです。

建物は全然ラーメン屋っぽくないですが、看板で「麺処匠-TAKUMI-」と書いてあるのですぐにわかると思います。(それに大抵並んでるのでそれが目印になります。)

メニューはこちらです。

数種類のラーメンの他にも、坦々麺やつけ麺もあり、バラエティー豊富なのが良いところです。

飲み物も、キリン一番搾り、黒霧島、カルピスなど日本のお酒やジュースが飲めるのも最高です!

今回は「匠特上醤油ラーメン+トッピングわかめ」「唐揚げ」を注文。

麺は中太ちぢれ麺で、ツルツル・シコシコしています。

スープは、ただの醤油スープではなく、葱油で豚肉のミンチと野菜を炒めたものが合わさっており、かつタレにも様々なスパイスが使われているのか、とてもコクのある仕上がりになっています。これほどの深みのある味はミュンヘンでは匠以外で楽しめません。(個人的にはこの匠特上シリーズがオススメです。)

また、ここの唐揚げも美味しいんです!まさに「外はカリカリ中はジューシー」な出来栄えで、行くと必ず注文します。

注意点:めちゃめちゃ混む!

味は以上の通りで文句なしですが、このお店、地元民にも大人気なため、連日長蛇の列ができているんです。

営業時間等は以下に載せておきますが、昼夜問わず基本的にずっと混んでいて、特に金曜・土様は激混みで1時間待ちもザラです。

狙い目は、平日の15時辺りですが、中々時間を合わせづらいですよね。

また、調理設備が小さいからなのか、丁寧に作っているからなのかはわからないんですが、注文してから出てくるまで結構時間がかかります

なので、訪れる際は時間に余裕を持って行かれることをオススメします。

以上、ミュンヘンNo.1のラーメン屋「匠/Takumi」の紹介でした。

ぜひミュンヘンで美味しいラーメンを食べて癒されてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です